対話・発見・成長の記録 [11月, 2010]

第3回相互支援会ありがとうございました!

片岡さん 本田さん 浜田さん 木村さん 

本日は長時間お付き合いくださり 本当にありがとうございました。

昨日の今頃は、なぜか動画のデータがPCから消えてしまい 私達ももう消えてしまおうかと思ったりしていましたが、

何とか今日は発表に漕ぎ着き、ほっと胸をなでおろしています。

今日頂いた学びを深め次に繋げていきたいと思っております。 引き続き、ご支援ご指導の程よろしくお願いいたします。

また皆様の貴重なお時間を頂戴し、心苦しい限りではありますが 12月に向けてのMTGをお願いします。

ダイアログがこの危機を乗り越え、見事常設されたあかつきには 私、鶴となりご恩返しの反物を織らせて頂きたいほどの気持ちです。 (本気で感謝しているのですがどう気持ちを表していいのか 分からずにいますお許しください)

ダイアログ 金井真介???? 志村季世恵

2010年11月8日

By 未分類

ダイアログは11周年を迎えました。

11月2日、日本でのダイアログは11周年を迎えました。多くの方に支えられてここまで育まれてきました。 ありがとうございます。心から感謝しています。実はダイアログの始まりは今よりもっともっと手作りだったのです。 たとえば、私はこだわってまっくらな中に入れる葉っぱを北海道・釧路まで取りに行き、ビックサイトのダイアログ会場まで 空輸しました。不思議なことにまっくらな中に入れるのにも関わらず「紅葉した美しい色の桜の葉っぱ」を私は探していたのです。 その時志村がまっくらな中に入り「桜餅」の香りがする!と楽しそうに言っていたことを昨日のように思い出します。 その時の参加者は実際どうだったかというと、目では見えない桜の葉を踏みながら歩き、匂いを感じやがて 五感が開き、桜の葉っぱだと分かりその発見が何だか幸せそうでした。 私は人が五感を開くと本来の自分を取り戻せるのではないかと思っています。ダイアログはそのきっかけを作る装置と言っても いいのかもしれません。 今月10日からダイアログは晩秋のコンテンツとして小学館のアウトドア雑誌BE?PALとコラボレーションし暗闇の中に森を作ります。 まっくらな中で参加者が五感を開き森を感じられるようになっていくプロセスを私は見届けつつ、私はダイアログがより多くの人に 認知され社会に拡がっていく方法について更に考えます。