2011年1月25日

By 小野寺美厚

前の投稿

感謝

この度 私小野寺美厚は『審査員特別賞』を受賞しました。 本当にうれしく、これまでの自分の人生がまさに走馬灯のように走り ただただ涙があふれました。

私は、8月の東北公志園からちょうど5カ月の時間の中で 『私の本当に実現したい未来ってなんだろう?』 と、自問自答し、ひたすらに考え、ひたすらに悩む機会をいただきました。

公志園がなければめぐり逢えなかったであろう素晴らしい方々に出逢い 助言をいただき、対話し、そして時には一緒に悩んでもらえた経験は これからの私にとって、大きな財産となります。

特に、同じ挑戦者として決勝大会のステージに登壇した15名の同志の皆様とは これから一生、お付き合いさせていただきたいと、願っております。

みんな、目指すものは一緒 『社会を、もっと、もっと、良くしたい』 ただ、それだけなんですよね。

『志』を、『同』じくする、『同志』です。

皆様との出逢いは、一生の宝物です。

今、私がこの場に立ち、このような気持ちになれたのも 日ごろ、現場を支えてくれる仲間たちはじめ 絶大な応援をしてくださるサポーターの皆様、地域の皆様、保護者の皆様 勇気をくれる地域塾のみんな 気仙沼・宮城・東北の地で、一緒に頑張る仲間や、応援してくだる方々 そして、私の家族の支えがあればこそです。

どうぞ、これからも、よろしくお願いいたします。