対話・発見・成長の記録 [11月, 2010]

2010年11月21日

By 菊池信孝

多文化共生社会を描くのは誰か?

第3回相互支援会を終えて7日、言葉では伝わらない「多文化共生社会」のビビットなイメージをどう表現するのか模索する日々。今週は、在日インドネシア人サポーターとの対話・日本アレルギー協会の関西事務長との対話・大学のゲストスピーカーとしてビジネス界の方々へのプレゼンと対話・伴奏者である山本さんとの対話・APECプロジェクトのチームメンバーである大川印刷の大川社長との対話・そして多文化共生センター代表理事の田村さんとの対話と、とりあえず走りながら考えてみた。

そのなかで沢山の応援やアドバイス、期待の声をいただき、また日本政府の移民施策のフロントドアとサイドドア、人口減高齢化社会に突入している日本社会における移民の真の役割などを改めて教えていただいた。体系的に多文化共生の必要性を自分でも再認識できたと同時に、一方であることに気づいた。

新卒採用で外国人が半分を超える日本企業が出てきているものの、本当に優秀な外国人にとって日本はもう魅了的ではない今、「外国」がそう遠くない私と同世代の日本人(特にこれからの日本社会でリーダーシップを発揮するような若者)が今後の日本社会を冷静に判断したら、当然の選択肢として墜落気味の日本ではなく、海外に仕事&生活を求めるのではないか。事実、わたしの大学の同級生は海外勤務や移住も多い。

それが「いけない」なんて思わないけれど、もし日本でもできることがある、日本でしか出来ないことがあるのに「外国の魅力」だけを見てしまっている同世代が増えているなら、それは私も含めて「多文化共生」に関しては、政治も企業も市民も、魅力的な日本の多文化共生像が描けていないのではないか。すくなくとも私の第3回相互支援会でのプレゼンを振り返ってみても「日本にはこんな問題&課題がある→だからこんな対策が必要」というネガティブアプローチしかできていない。

まだ誰もビビットに表現できていないポジティブな日本の多文化共生社会を、自分は描ききることが出来るのか。まだまだ模索の日々がつづきそうです。

2010年11月15日

By 菊池信孝

第3回相互支援会を終えて

11月14日、公志園の第3回相互支援会がありました。

自分の志をつたえる「ムービー」と「口頭プレゼンテーション」を合計2回、グループごと&全体で実施させていただきました。いままでも大学の授業や自治体研修等でもお話させていただく機会はあったのですが、昨日の支援会でいただいた沢山のフィードバックで、いまさらながらの大発見をしてしまいました。

それは「うまく伝わるように説明する」ということと「共感をよんで相手の行動を促す」ということの違い。あたりまえやん!とみなさんには笑われてしまいそうですが、いまさらながら気づいたのです。伝える相手に「理解→納得→共感→行動」というプロセスがあるなら、いままでの自分のしゃべりは、せいぜい「理解」どまり。むしろ「理解」も得られているかどうか ?それはロジックだけではない部分も含めて? 改めて振り返ってみると、いや〜な冷汗がでてきます。

もともと情熱的なしゃべりが苦手なこともありますが、それならそれで、成長戦略総合研究所の山崎養世さんのような「静かだけど熱く、言葉が鋭くつきささる」ようなプレゼンができるようにならないと。

でもその前に、もっと大きな宿題もみつかり、こちらも頑張ってなんとかします。

2010年11月12日

By 未分類

10・11月の報道載録

?

11月に入りAPEC本番。 食材ピクトグラムホテル研修に始まり、 ホテルでの食材ピクトグラムの使用の様子など たくさんのメディアにとりあげていただきましたので、 ご紹介させていただきます。 少しづつ取り組みを広げていきたいと考えております。

■10月12日 NHKニュース「首都圏ネットワーク」

■10月13日 日本経済新聞「アレルギー表示利用のセミナー」

■10月13日 神奈川新聞「『食材ピクトグラム』試験的に導入へ、アレルギーや宗教に対応」 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010130011/

■10月18日 読売新聞「メニューの食材を絵文字に 6ホテル表示へ」

■11月9日の閣僚レセプション 毎日新聞掲載http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101112ddlk14040223000c.html

■共同通信でも配信してくださっています。http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111201000025.html

2010年11月10日

By 菊池信孝

いよいよAPECデビュー!今月も盛りだくさんです。

こんにちは、キクチです。先週末に開幕したAPEC横浜での「食材ピクトグラム」採用がスタートし、各種お問い合わせをいただきつつ、今週末の第3回相互支援会までに用意しないといけない動画作成と、たのしく仕事しています。とくに動画作成のために、スタッフ研修で実施してる「自分を知るワーク」を自分でもこっそりやってみて、自分のおいたちを振ってみました。その結果は動画にて。さて今月もいろんな出来事があります。

■第6回 同志社大学ビジネスアトリエ ゲストプレゼンテーター 日時:11月18日(木) 19:00開始 場所:京町家さいりん館 現在の事業紹介や、学生・社会人を交え、日々わたしたちの考えている課題について お話させていただきます。一般参加も可能です。 詳細はこちら! http://www.doshisha-net.org/doc/ba/

■世界が交わる空の旅! 航空業界を目指す専門学校生対象に授業 日時:11月22日(月) *一般参加はできません。 GS(グランドスタッフ)やCA(キャビンアテンダント)を目指す専門学生対象。 社会課題へのアプローチ方法や多国籍・多宗教なクライアントへの対応法などを レクチャーします。どのビジネス業界にも「多文化共生」の視点が必須ですね。

■まちときどきカエル!?こどもむけ国際理解教育 大阪府内の小学校で国際協力をテーマにした授業を実施します。 日時:11月24日(水)*一般参加はできません。 世界各国の食品パッケージをつかったオリジナルの体験学習を実施します。

■食材ピクトグラム見学会&社団法人設立のご案内 パンパシフィックホテルでの食材ピクトグラム利用状況の見学会 (総料理長や各種団体・エンドユーザーからのコメントあり)と 来年4月に設立する一般社団法人食材ピクトグラム普及推進協議会(仮称)の説明会を開催! 日時:11月30日(火) 11:00開始 詳細:インターナショクナルのホームページにて

2010年11月4日

By 橋本理恵(パートナー)

10月のイベント&セミナー報告

インターナショクナルの取り組んでいる課題について、また菊池にとって仕事とは? などこれまで進んできた道や常に考えている事等についてお話させていただきました。 参加してくださったのは就職を控えた学生の方々や、仕事に生きがいを見出し、 頑張って行こうとしている社会人の方など。たくさんの出逢いと熱い想いに触れる事ができました。

【10月のイベント&セミナー】

■10月28日(木)「第1回ちゃぶ台トーク『?あなたの仕事はだれのため??』」 「はたらく」をテーマにちゃぶ台を囲んでお話をするイベントを開催しました。 *イベントのブログはコチラ http://blog.canpan.info/internashoku/daily/201010/30

■10月21日(木)甲南女子大学 「社会起業論」という授業にゲストスピーカーとしてよんでいただきました。 *授業の様子はコチラ http://blog.canpan.info/internashoku/daily/201010/27

■10月13日(水)小学校での多文化理解ワークショップ開催 大阪府箕面市立豊川南小学校でのワークショップ開催も今年で3年目!テーマは「外国人から見た日本の食べ物と外国の食べ物」。こどもたちも真剣に取り組んでくれました。 *詳しい報告はコチラ http://blog.canpan.info/internashoku/daily/201010/15

■10月26日(火)SIOネットワーク主催 「第三回社会起業タマゴの会」 ゲストコメンテーターに呼んでいただきました。参加者の夢や課題を共有し、みんなで思うままに意見を出し合いました。 *詳しい報告はコチラ http://blog.canpan.info/internashoku/daily/201010/27

■10月30日(土)ロハスinこどもの森 箕面こどもの森学園のイベントで、インドネシア人の方々と一緒に インドネシア風ラーメンと春巻き、手作りドリンクのお店を出店しました。 *詳しい報告はコチラ http://blog.canpan.info/internashoku/archive/298