社会イノベーター公志園 決勝大会

決勝大会スライドショー
つぶやきで見る決勝大会の模様


2011年1月22日(土)、皇居にほど近い一橋記念講堂にて、
第一回目の社会イノベーター公志園決勝大会が開催されました。

大変ありがたいことに、予想を大幅に上回るお申し込みをいただき、
急遽、モニターで観戦する第二会場も準備、
そして迎えた当日は、休日にもかかわらず、600人を超える方が足を運んで下さり、
会場は超満員で熱気にあふれていました。

プログラムでは、全国大会の出場者16名のうち前日の最終予選で選出された8名が、
これまでの5ヵ月間、お互いに磨き合い高め合ってきた自身の志を、
動画を交えて会場に披露しました。

そして、来場者全員と審査委員の審査の結果、
高齢化時代の社会システムをデザインする武藤真祐氏(祐ホームクリニック院長)が、
代表受賞者に輝きました。
また、審査員特別賞として、障がい者の社会参加支援を通じて誰もが住みやすい街づくりを
行う小野寺美厚氏(ネットワークオレンジ代表理事)、ワンコイン検診で誰もが当たり前に
健康になれる社会を目指す川添高志氏(ケアプロ代表取締役社長)、「真っ暗闇の体験」から
人が助け合う社会の復活を目指す志村季世恵氏(ダイアログ・イン・ザ・ダーク理事)の3名が
選ばれました。

当日は、6時間という長丁場でしたが、それを感じさせないほど、
感動と暖かい応援の気持ちが会場に溢れるすばらしい場となりました。

ぜひ、当日の模様を、画面右側にあります、
写真のスライドショーやツイッター(当日のつぶやき)から感じていただければ幸いです。


【開催概要】

■ 日時
2011年1月22日(土)13:00?18:30

■ 場所
一橋記念講堂 (東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線、都営地下鉄新宿線・神保町駅下車 A8出口から徒歩3分
東京メトロ東西線・竹橋駅下車 1B出口から徒歩4分

■ 定員
600名

■ 参加申し込み

決勝大会は無事終了致しました。

当日の模様は、DVD化され、初夏に全国のTSUTAYA店舗にて
レンタルが開始される予定です。レンタル開始日程などの詳細については、
このWEBサイト、メールニュースTwitterなどで追ってご報告させていただ
きますので、引き続きご関心をお持ちいただければ幸いです。

また、このDVDは、全国大会出場者16名の志と活動を、広く社会に発信し
支援していく、という目的のもと、個人の有志500人から一人一口5000円の
寄付をいただくことで制作されるものです。
制作されたDVDは、TSUTAYAでのレンタルに加え、未来の社会リーダー
育成のための教材として、全国各地の学校や教育団体などへ寄贈される予定です。

決勝大会当日にご参加がいただけなくとも、もし、この趣旨にご賛同いただけ
ます場合は、500人の有志の一人として、公志園DVD制作支援会メンバーへの
ご参加を検討いただければ嬉しく存じます(参加お申し込みは、小口寄付サイト
JustGiving Japanの公志園特設ページより手続きいただけます)。
ご希望に応じて、エンドロールにお名前を掲載、また完成したDVDを一部送付
させていただきます。

【プログラム】

■ オープニング・パフォーマンス

■ 開会挨拶 ?社会イノベーター公志園100人委員会を代表して?
長谷川閑史(2010社会イノベーター公志園実行委員長、武田薬品工業代表取締役社長)

■ 社会イノベーター公志園説明
野田智義(2010社会イノベーター公志園副実行委員長 兼 運営統括責任者、NPO法人アイ・エス・エル理事長)

■ 代表者プレゼンテーション
16名の全国大会出場者のうち、前日の最終選考会で互選により選ばれた8名がプレゼンテーション

■ グランプリの選抜
審査委員ならびに決勝大会参加者(観客)による投票&グランプリの決定

■ 審査委員&ゲストからのコメント
石川治江(共同審査委員長/実行委員、NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事)
小宮山宏(共同審査委員長、三菱総合研究所 理事長、前東京大学 総長)
笹森清(共同審査委員長/実行委員、労働者福祉中央協議会 会長、連合前会長)
藤森義明(共同審査委員長/実行委員、日本GE株式会社 代表取締役社長兼CEO)
細川佳代子(共同審査委員長/実行委員、NPO法人勇気の翼インクルージョン2015 理事長)

■ 閉会挨拶

■ 交流会(オプショナル、会費制)
出場者を囲んでの懇親会

【全国大会出場者紹介】

全国大会出場者は次の16名。
決勝大会当日は、このうち、前日に行われる最終選考会で選ばれた8名が発表しました。

十勝の農家とともに、日本の食糧危機に取り組む
近江正隆(株式会社ノースプロダクション 代表取締役、北海道)
      訪問医療活動を軸に、高齢化時代の社会システムをデザイン
武藤真祐(祐ホームクリニック 院長、東京)
障がい者の社会参加支援を通じ、夢と希望あふれる社会を創る
小野寺美厚(NPO法人ネットワークオレンジ 代表理事、宮城)
      14秒に一人。増え続けるエイズ孤児をアフリカで支援
門田瑠衣子(エイズ孤児支援NGO・PLAS 代表理事、東京/ケニア)
会津の大人と若者を結び、伝統工芸と地域を活性化
貝沼航(株式会社明天 代表取締役、福島)
      誰もが気軽に外出できる社会を。高齢者・障害者の旅をお手伝い
佐野恵一(株式会社旅のお手伝い楽楽 代表取締役、京都)
ワンコイン検診で、だれもが当たり前に健康になれる社会を
川添高志(ケアプロ株式会社 代表取締役、東京)
      多文化共生に向けて、食材ピクトグラムを全国に普及
菊池信孝(NPO法人インターナショクナル 代表理事、大阪)
フットサルを通じた地雷原の撤去をタイ・カンボジアから世界へ
菅原聡(GLOBE PROJECT 代表理事、東京)
   
「真っ暗闇での体験」から、人が助け合う社会の復活を目指す
志村季世恵(NPO法人ダイアログ・イン・ザ・ダーク 理事、東京)
      プロバスケチームの「圧倒的な感動体験」で地域の元気を復活
星島郁洋(株式会社ファイブアローズ 代表取締役社長、香川)
模擬選挙普及を通じ、未来の有権者の市民性を育む
林大介(模擬選挙推進ネットワーク 事務局長、東京)
      子育て優先の家づくりで、心豊かで健康な暮らしを実現
小川勇人(株式会社小川の家 代表取締役、長崎)
格差社会の連鎖を断つ。教育機会に恵まれない子供の学習を支援
松田悠介(NPO法人Learning for All 代表理事、東京)
      都市に疲れた若者と高齢化した離島。新たな交流で日本を変える
山地竜馬(一般社団法人へきんこの会 代表理事、鹿児島)