熊谷 亜里

株式会社コカレストランジャパン 専務取締役

石油業界から一念発起して外食産業に転身し、一から会社を立ち上げ現在に至っています。日々激変する市場環境に晒されながら荒波を乗り切ってゆく舵取りをしながらも、自分は何者で何を成し遂げたいのか?を常に模索しながら生きています。自ら新しい道を歩み始めてから今に至る20年間で常に変わっていない思いがあります。それは、自分の魂が常に躍動する日々を送ることが最も大切なことであるということです。そのためには自ら考え行動し、その結果に責任を持ちその結果を糧にしながら新たな挑戦を続けてゆくことが求められます。厳しい現実に悩むことも多いですが、生き生きとした生き方をしている実感もあります。これからもこの信条は変わらず持ち続けてゆくつもりです。

一言で言うと「明日への希望」が持てる社会の実現です。この思いの欠如が日本社会の閉塞感をもたらしていると思います。まず自ら明日の希望に向かって果敢に挑戦し、多くの人々(特に次世代を担う若者)に同じ思いを共有して行ければと思っています。

2.と同じです。自ら立ち上がり前に向かって歩き始める勇気と力を彷彿させるお手伝いをしてゆきたいと思います。そのために、自らの経験やコーチングで培ってきた様々なスキルをフル活用させていただきます。

私自身が自らの岐路を迎えていたときに、メンタリングによって支えられ新たな希望を見出し現在に至る大きな礎を作るきっかけを与えてもらったからです。この貴重な人生のGiftを私以外の方々にも渡してゆきたいという自然発生的な湧き出るような思いに後押しされてやっています。

岡田吉弘
平和建設株式会社 代表取締役

 

1963年東京都生まれ。86年早稲田大学政治経済学部卒業後、出光興産(株)入社。神戸支店にて石油販売特約店の営業支援担当として販売促進活動及び経営支援業務を3年間経験。その後、89年東京本社新規事業開発P/J担当に転属し、ガソリンスタンドの併設業態開発及び跡地利用開発担当としてレストランやコンビニエンスストアの業態開発に従事。

93年(株)マルハレストランシステムズへ転身。レストラン会社の設立、立ち上げから携わり、従業員数名1店舗の会社から24店舗150名規模に育て上げる過程を経験。同社営業課長、取締役営業本部長として全店舗の運営責任者を7年間務める。2000年4月取締役管理部執行責任者となり、経営企画及び人事政策の経験をつむ。2004年6月より、専務取締役最高執行責任者として、全部門の統括責任者に就任。外食産業専門人材派遣会社を立ち上げ代表取締役兼任。今年7月1日よりMBOにより旧MRS子会社の(株)コカレストランジャパン専務取締役に就任。

その他、マルハグループ会社教育研修・コーチングの請負、公認プロファイラーとしてEQ Japanの企業サポート活動を支援、専門学校での就職講演等を実施。 EQ Japan公認プロファイラー資格取得、CTIコーチング応用コース修了。