金山 明煥 工学博士

東京急行電鉄株式会社 グループ事業本部 課長

鉄道事業を核にしたコングロマリット企業が事業の世界展開を狙っている1980年代に今の会社に就職して、海外留学、国内留学、多様な分野での事業経験をしてきました。そして2000年代になってからは拡大した事業からの撤退を推し進め、地域鉄道会社の原点に立ち返って沿線地域の市場に再度、焦点を当てた企業戦略を立案するとともに、この戦略を基盤となる地域のお客様や行政機関との連携を推進しています。

これから世界の先進国の先頭を切って日本という社会が直面していく少子高齢化や人口減少という既成の概念ではネガティブだとされる構造変化の下で、新たな価値観や概念が生まれることでネガティブな物理的なインパクトが心理的に最小化されるとともに日常生活におけるポジティブな意識が持続するような社会のあり方を模索していきたいと思います。

長い?学業経験、広い事業経験、多様な人的ネットワークを惜しみなく提供します。

自分自身の新たな気づき、行動を起こすエネルギーを得たいと考えています。

武藤真祐
祐ホームクリニック 院長

 

1984年入社以来、東急電鉄を中核に約300社の企業で構成される東急グループにおいて多様な事業分野における事業開発やグループ企業を対象にした連結経営に携わってきた。近年は東京西南部に位置する東急線沿線地域に住む400万人の顧客を対象にしてクレジットカードや交通IC乗車券(PASMO)のIDを基盤として連結企業を横串にしたマーケティングプラットフォームの構築を行っている。また先進的ITを活用しながらマーケティングプラットフォームの範囲をグループ企業だけでなく沿線地域の他の事業者に拡大することによる地域の高付加価値化の可能性検証を行っている。

1982年早稲田大学、1990年マサチューセッツ工科大学修士課程、1999年東京大学博士課程修了